考えた

写真

マイホーム購入を考えたとき、だれもがとりあえず住宅情報雑誌を買うだろう。 そのときに気をつけたいのは、雑誌にはそれぞれ専門分野があり、あるいは得意分野があることなどが掲載されている。 たとえば、マンションばかり取り上げる雑誌があるのもあれば、一戸建て物件が豊富な情報誌や、注文建築のための間取りと 設計士の紹介など仲介的なのを主とする雑誌もあったり。そうすると、記事の内容は一方的なものに偏りがちになってくるのだ。 つまり、ここまで気をつかっているしこんなに便利とか、その雑誌の専門分野のいいところを強調した記事ばかりのことが多い。

決めた

写真

マイホーム購入は決めたが、それを建て売りにするか、マンションにするか、、思いきって注文住宅にするかで迷っている段階で、 そういった偏った情報の本や雑誌ばかり読むとほかのものの長所に気がつかなかったり、短所がわからなくなるし、 そういった状況のなか物件探しを始めることにもなりかねない。まずは、まんべんなく様々な情報雑誌に目を通して 、自分に合った物件はどんなものなのかを考えよう。みずからの情報量を圧倒的に増やすことが大事だ。